結婚式 祝儀の相場【親族】家族・いとこ・親の金額は?? [speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="e.jpg" name="A さん"] おっす! [/speech_bubble] [speech_bubble type="drop" subtype="R1" icon="g.jpg" name="B さん"] 結婚式に呼ばれた![/speech_bubble] [speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="e.jpg" name="A さん"] 結婚式ってご祝儀を持っていかないといけないんだぞ! [/speech_bubble] [speech_bubble type="drop" subtype="R1" icon="k.jpg" name="B さん"] ご祝儀ってなに⁉︎[/speech_bubble]

スポンサーリンク

結婚式マナー・ご祝儀ってなに?

結婚式っていいですよね〜。 結婚式に招待される側も幸せを分かち合える雰囲気、私個人的には 結婚式は大好きです! しかし、結婚式に招待された時に悩むのが 結婚式のマナー。 結婚式のマナーで悩むのが結婚式のご祝儀です。 いくら包めばいいの??なんて方も多いのでは?

*結婚式のご祝儀とは

結婚式のご祝儀は 結婚を祝う気持ちを表すために贈る金銭や品物のこと。 最近では、結婚式のご祝儀のといえば 特に現金のイメージですよね。 結婚式・披露宴のご祝儀・お祝金は、 自分の年齢や新郎・新婦の出身地域によっても 風習や価値観が異なるそうです。 特に親族の結婚式は、 今後、長い付き合いになることを考えて ご祝儀の金額で失敗をしないようにしたいですね!

スポンサーリンク

*結婚式のご祝儀のルール

昔ながらのご祝儀のルールで
「月収の5%が目安と言われた時代もありましたが、 今どきのご祝儀は相場や平均的な金額を参考にすると良い」
というルールがあるそうです。 結婚式・ご祝儀の基本① 結婚式のお祝いは、相手との親密度と 自分の経済力とのバランスを考えて贈る。 本来、風習や習慣で決めるべきものではなく、 月収の5%以下が適切な目安とされていたそうです。 結婚式・ご祝儀の基本② 結婚式のご祝儀は本来は、 結婚式より前、大安日などに品物を持参するのが正しい礼儀なんだそうです。 結婚式のご祝儀の場合も挙式よりも前に持参するのが大人のマナー。 結婚式のご祝儀はやはり、一般的には
「自分の年齢や地域の習慣的な相場金額を重視するのがベストなやり方」
なのだそうです。 https://twitter.com/SpringLeopard/status/886592426554515461 https://twitter.com/orpcATOo1mbN1fi/status/879712895528878080 https://twitter.com/ponkotu_tatesan/status/876599164972408832 https://twitter.com/g2beans/status/875564203389603840 https://twitter.com/Rai221/status/871743458909630464 https://twitter.com/chukumosan/status/860017125049507840 https://twitter.com/poccopocca/status/856106022322151426 [speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="e.jpg" name="A さん"] 結婚式の祝儀は親族だと金額違うのか[/speech_bubble] [speech_bubble type="drop" subtype="R1" icon="k.jpg" name="B さん"] 結婚式のご祝儀って気持ちでしょ??[/speech_bubble]  

スポンサーリンク

結婚式・祝儀の相場【親族編】

では、親族家族が結婚式に招待された場合のご祝儀の金額相場は? 親族・家族から新郎新婦への 結婚式のご祝儀の金額相場は ・ふだんのお付き合いの程度や、贈り主の年齢によって異なります。 ・披露宴に招待された場合/招待されなかった場合で異なります。 また、結婚式のご祝儀の場合には、 2つに割ることができる4・6といった偶数や、 苦を連想する9という数字は好まれませんので要注意! 最近では身内だけで行う結婚式もあるため、 披露宴への招待の有無だけで判断せず、 普段のお付き合いの度合いで結婚式のご祝儀の金額を検討しましょう。 月収の5%以下が目安という方法や持参するのが正しい礼儀である事は、今では知っている人も少ないはず。 月収が20万円でご祝儀が1万円となると、相手が思ってたより少ないと感じてしまうものです。  

兄弟、姉妹への結婚式・ご祝儀相場

*20代・30代の場合 「50,000円」 *40代以上の場合 「100,000円」

おじ・おばへの結婚式・ご祝儀相場

20代・30代・40代の場合 「50,000円」 50代の場合 「100,000円」 60代以上の場合「50,000円」

いとこへの結婚式・ご祝儀相場

20代から50代の場合 「30,000円」 60代以上の場合 「20,000円」

その他の親戚(甥、姪など)への結婚式・ご祝儀相場

20代の場合 「30,000円」 30代の場合 「50,000円」 40代・50代の場合「30,000円」 60代の場合 「50,000円」 [speech_bubble type="drop" subtype="L1" icon="e.jpg" name="A さん"] 親族でも、相手によって金額が違うぞ! [/speech_bubble] [speech_bubble type="drop" subtype="R1" icon="g.jpg" name="B さん"] 参考になる〜[/speech_bubble]

スポンサーリンク

結婚式・祝儀の相場は地域でも違う⁉︎

結婚式のご祝儀は、地域によっても相場が変わってくるようです。 関東から北海道までの地域別の結婚式のご祝儀相場は 「都心部ほど、ご祝儀は高い傾向」 にあるようです。 北海道の結婚式は会費制の結婚式も多いようで、 結婚式のご祝儀の平均値が下がる傾向があります。 一般的に都心部ほど、結婚式のご祝儀は高い傾向にあるようですね。 中部から九州までの地域別の結婚式のご祝儀相場は 「中部、特に愛知県は結婚式が派手な傾向があり、 ご祝儀も比較的高くなる」 この理由には、中部地区は結婚式が派手、ゴージャスなようです。 地域的なものもありますが、 特に愛知県、名古屋地区は結婚式のご祝儀の相場も高い傾向に。 最近の結婚式のご祝儀の相場で 月収の5%の相場が変わってしまったのには 「ホテルや式場で結婚式をするようになり、 5%に食事代を上乗せするのが新しいマナーとされてきた為」 それは、結婚式をホテルや式場で行なうようになり結婚式の費用が高くなった為、 5%に食事代を上乗せする事が新しいマナーとされたことのようからです。 そういう意味では、地域的に結婚式のご祝儀の相場もバラバラで、 格差が出てくるようです。

スポンサーリンク

まとめ

結婚式 祝儀の相場【親族】家族・いとこ・親の金額は?? 結婚式のご祝儀でも様々なマナーがあるんですね。 結婚式のご祝儀は気持ちだからなんて思っていたら 大事な人の結婚式で恥をかいてしまうかも!!! 結婚式のマナーについて他の記事でも書いて行きますので 参考にしていただけたら幸いです。 これであなたも結婚式のマナーで悩まない! 最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

]]>

おすすめの記事