インフルエンザ 予防方法 効果的なのは?

インフルエンザの予防方法で効果的な方法が知りたい!

スポンサーリンク


インフルエンザとは?予防接種の値段は?

インフルエンザの感染力は強く、毎年冬になると流行する感染症です。インフルエンザにかかると突然に高熱が出たり、

咳が続いたりして体力を奪います。

インフルエンザには治療薬があります。

インフルエンザでは年間10人程度ですが、

重症化するとインフルエンザ脳症を起こして障害が残る場合があります。

インフルエンザウイルスにはいくつかのがあり、

年によって流行する型が異なるのです。

事前に流行するインフルエンザの型を予想して、

インフルエンザ予防接種ワクチンが作られています。

インフルエンザの予防接種は10月ごろから接種が開始され、

予約した方から順番にに接種が行われます。

インフルエンザの予防接種を受けるにはお金がかかりますが、

インフルエンザの予防接種の料金の相場は4,000円前後で、

効き目は流行期間中の約5カ月間と言われていて

免疫力が落ちる妊婦や子供や高齢者はインフルエンザの予防接種が有効とされています。

スポンサーリンク


インフルエンザ・予防方法は?

インフルエンザの潜伏期間は1~3日です。

インフルエンザが流行しているときに混雑したところへ行ったり

感染者と接触するとインフルエンザにかかる場合があります。

体調や免疫力によってインフルエンザの症状が出る場合と出ないで済む場合があります。

インフルエンザの症状が出た場合も、

軽症で済んだり重症化することもありますので、

インフルエンザに感染しないようにしたいものです。

インフルエンザの予防法は、

規則正しい生活をして免疫力をあげることです。

睡眠を取り、バランスの取れた食生活を送ることで体調が整えられ免疫力が上がります。

流行時期の11月~3月ごろまでは外出を控えたり、

マスクを着用するなど、

インフルエンザウイルスを体の中に入れないように気を付けましょう。

インフルエンザの予防には手洗いうがいも効果があります

冬場は乾燥して温度が低くなるので、

インフルエンザウイルスが好む環境になるからです。

スポンサーリンク


インフルエンザの予防方法。予防接種の回数は?

インフルエンザ予防接種は、

ワクチンの生産に限りがあるため、

インフルエンザの予防接種を希望する場合は早めに予約を入れます

インフルエンザが大流行するのは12月に入ってから起こる傾向があります。

インフルエンザの予防接種をして効果が出るまでに2週間ほどかかるため、

11月中に1回目の摂取を終えたいものですね。

大人は1回で抗体が付きますが、

13歳未満の子供は2回接種が理想です。

子供は1回の摂取で約7割の抗体が付きます。

2回の摂取で約9割強の抗体ができるからです。

妊婦さんは産婦人科で相談しましょう。

妊娠の状態を確認し接種時期を相談することをオススメします。

高齢者は、自治体の補助があるのでかかりつけ医で、

診察時のついでにインフルエンザの予防接種をすすめられることが多いようですね。

インフルエンザ予防接種の料金相場は病院によって異なります

子供は2回になるので大人よりも高くなります。

https://twitter.com/u_may0926/status/916511118075371520

スポンサーリンク


まとめ

インフルエンザ 予防方法 効果的なのは?

インフルエンザには、治療薬があるのでインフルエンザに効果があります。

体調が悪いときには早めに病院へ行って、

インフルエンザの検査を行いましょう。

インフルエンザの治療薬を開始すると、

翌日には熱が下がることもあります。

しかし、体の中にはインフルエンザウイルスが残っているので、

5日間ほどは安静にして治療薬を飲んで過ごさないといけません。

インフルエンザウイルスは強力なため、体力を奪っています。

体調を回復させるためにも、睡眠と栄養は大切な治療となりますよ!

インフルエンザに感染し辛い思いをしないためにも、

日頃からの手洗いうがいは徹底して行うことが必要ですね。

インフルエンザウイルスを体の中に入れないために、

家族に移さないためにも大切なことです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


おすすめの記事