シングルマザー反抗期を乗り越えた実体験や子供の気持ち。

シングルマザーでなくても子供の反抗期って本当に憂鬱ですよね。

反抗期は子育てにおいて避けては通れない道、なんて言われますが

1人で頑張っているシングルマザーに反抗期は、結構辛い時期。

シングルマザー歴20年で子供も成人した現役シングルマザーの

反抗期を乗り越えた実体験や反抗期の子供の気持ちを書いていきたいと思います。

シングルマザーで反抗期真っ只中の方や、これから反抗期が来るのか、とビクビクしている方に

少しでも参考になればと思います。

シングルマザー反抗期・反抗期ってなによ?

まず、反抗期ってなによ!と思いませんか?

自分自身のことを考えるのですが、親に反抗するほどの関わりがなかったような。。。

現在は少子化の影響からか親子関係が濃密になっているからなんですかね?

親子関係が濃密になることは子供にとっては大事なことなんでしょうけど

過干渉となると話は別になるのでしょうね。

反抗期は「自我の目覚め」であり、

精神的な成長と共に「自立したい」という欲求が出てきて、

他人から指示されるのがうっとうしくなるというわけだそう。

そして反発はするけど精神的には大人になりきれていないので

自分自身をコントロールすることができず、反抗的な態度を取ってしまうといことのようです。

第一反抗期と言われる2~3歳児の反抗期。

イヤイヤ期とも言われますね。

魔の2歳児なんて言葉も。笑

私がシングルマザーになったのはちょうどこの時期でして。。。

当時は、なにをするにもイヤイヤ。

手伝おうとすると自分でやる!上手くいかないと梃子でも動かない。などなど

ママがやるよ~と手を出そうとすると機嫌悪くなりギャン泣き。

なんていう日々の繰り返しでしたね。

シングルマザーだと1人だから、変わってくれる人もいないし

本当にもういい加減にしてよ~、なにも進まないじゃん!と子供を怒ってしまうことも多々ありました。

イライラ全開でいたことが懐かしい。笑

この頃から、イライラしないようになにがあっても焦らなくて済むように

時間に余裕を持って行動する癖がつきました。

シングルマザーなのでもちろん仕事もフルタイムでしていたので睡眠時間はかなり少なく辛かったのですが

でも今だけ、今だけと心に言い聞かせてました。

しかし、シングルマザーだって人間だもの、やっぱり子供の爆発と同時に自分もよく爆発してました。笑

今思うとこの時期のイヤイヤ期や自分でやる!っていう第一反抗期を乗り越えると、

子供が一気に成長した気がしますね。

シングルマザー反抗期・小学校

イヤイヤ期が終わり、しばらくはシングルマザーと反抗期の戦いはなく

平和?な日々が続きますが

小学校に入り低学年から中学年になるくらいから

おやおや?反抗期か?なんて兆候が・・・

中間反抗期というやつですかね。

中間反抗期とは

小学校低学年に見られる、第一反抗期と第二反抗期の中間に位置する時期だそう。

何を言っても口答え。

もう本当に「憎たらしい」と何度も思いました。笑

また、学校で嫌なことがあった時には反抗がまぁ酷いこと。

ただ実際、憎たらしいのですが反抗しながらもまだまだ小学生で可愛いもんです。

結局は親に甘えているのです。

私的には反抗期の言動の理由がわからないのが対処もできないしイライラする一番の原因でした。

でも、この時期の反抗期は行動でわかりやすい気がします。

学校に行く時間になると反抗し始めたり=学校で何か嫌なことがあった

いつも遊ぶ友達と最近遊んでないな=友達とのトラブル

といった感じで。

しかし、シングルマザーだとどうしても子供と一緒にいる時間が少なくなりがちなので

注意深く子供の行動を観察しました。

イラっとする気持ちを抑えて、どうしたの?と聞いてあげると

この時期の反抗期は意外と素直に話してくれたりもしましたよ。

シングルマザー反抗期・中学校、高校

この第二反抗期と言われる

いわゆる思春期が本当に辛かった。。。

シングルマザーで母子家庭だからここまで反抗されるのかなんて自分をしょっちゅう責めていた時期でもあります。

第二反抗期の時期って中学・高校と子供にとっても大事な時期で

受験だったり、進路を決める大事な場面で

反抗されると話し合いもできない。。。

第二反抗期とは
身体的にも成長過程であり、親との間に価値観のズレが生じるので、

自分の意見を否定されることに強い反抗心を覚えます。

なお、精神的に自立をしたいという思いから、飲酒や喫煙と言った不健康な反抗の仕方になる子どももいます。

なんですって。

まさにこの通りで、何か悪いことをしてもお前もやってるだろ!なんて言われたら

なにも言い返せない。。。笑

そもそもママに向かってお前って!

この時期の反抗期でなにが辛いって、口を開けば

くそババァ、ウザイ、この二語しか知らないの??って何度も言いました。笑

とにかく話にならないんです。

進路の話とか、いろいろお家で話し合ってきてくださいねぇなんて先生に言われてもねぇ、って感じです。

毎日24時間この状態ではないので

不機嫌だなぁ、なんか学校であったかな?なんて思っても黙って時間をおいてから

話しかけるか、本人が話しかけてくるまで様子見るようにしていました。

しかしシングルマザーだって人間だもの。笑

多々、我慢できずに反抗期と真っ向勝負も何度も。笑

ただ、真っ向勝負した後もあたなが大事な存在なんだよ、ということだけは伝えるようにしていました。

必ずウザイって言い返されたんですけどね。笑

シングルマザーだと、間に入る人がいないので辛いですよね。

相談できる人がそばにいないシングルマザーは

結構心身ともに疲労困憊になるかと思います。

実際、私も疲労困憊でしたよ。

ママ友なんかに会って、お互いの反抗期たちの悪口言ったりして憂さ晴らししてました。

これだけでも辛いのは自分だけじゃないんだ、シングルマザーじゃない母子家庭ではない家庭でも

うちと同じ反抗してる!と結構気分が晴れますよ!

第二反抗期、じっと耐えつつ悪いことは悪いと真っ向勝負。

そうこうしている間に子供は色々な体験を通して大人になっていくもんです。

シングルマザー反抗期・子供の気持ち

現在は成人しすっかり大人になった反抗期ちゃん。

今、色々な話をすると

当時の反抗期の話をしてくれたりします。

やっぱり、自分自身で大人になっていくことに不安を感じていたようです。

自分でもいろいろ考えてるのに、ずっとうるさく言われたら嫌だとか、

あとは自分の考えを押し付けてこられても困る!

なんて。。。笑

あなたのことを思って!なんて大人の意見を言われてもわからないですよね、

経験したこともないんだから。

大事なことは何度も伝えました、でたその言葉聞き飽きた、なんて今でも言われますが

大人になった今、少しずつ経験値も増えて

ママの言っていたことがわかる、

とか自分の尊敬している人が同じこと言っていた

なんて言われることも増えてきました。

シングルマザー反抗期を乗り越えた実体験や子供の気持ち。まとめ

シングルマザー反抗期の実体験や感想をあれこれ書いてきましたが

本当にシングルマザーで反抗期と向き合うのは辛いことが多いのですが

何と言っても、ママの子供でよかった。そう言ってもらえたことで

反抗期の辛い何年間が楽しい思い出に変わりました。

今現在、シングルマザーで反抗期に悩まされている方も

これから反抗期が来るのかとビクついているシングルマザーも

辛い時はいっときです!

子供は大人になるんです!

決して諦めずに反抗期と向き合ってほしい。

シングルマザー応援しています。

最後までお読みいただきリガ等ございました。

おすすめの記事