【FXトレーダへの道】FXで勝つにはローソク足を理解しよう!FXIQ8

EIKICHI
ローソク足って知ってる?

FXのチャートにはいくつかの種類がありますが、

最も使われているものはローソクです。

 

ローソク足とは1本1本がローソクに似ているため

この名が付けられましたが、

この一本で様々な情報が読み取れます。

 

このコンテンツでは今後このローソク足を使って、

取引していく事になります。

ローソク足の仕組み

まず1本のローソク足には値動きを示す4つの値が記されています。

・ 高値(たかね)

・安値(やすね)

・始値(はじめね)

・終値(おわりね)

この4つの値のことを「四本値」といいます。

✤ 始値・・・市場が始まったときに付けた値。

✤ 終値・・・市場がクローズするときに最後につけた値。

✤ 高値・安値・・・その期間で最も高かった値と安かった値。

それでは上の図を見てください。

始値(スタート価格)よりも値上がりして取引を終えたのが陽線で(上図左の赤色の足)、その逆が陰線(上図左の青色の足) です。

 

ヒゲとは?

上ヒゲは高値から終値

(高値と終値が同じであれば、チャート上に上ヒゲはできません)

本体は終値から始値

(終値と始値が同じであれば、チャート上では本体は線状になります)

下ヒゲは安値から終値

(安値と終値が同じであれば、チャート上に下ヒゲはできません)

ローソク足の時間足って何?

FX チャートを表示するときに基準となるのが

1本のローソク足が示す期間で「〇〇足」といいます。

 

例えば日足ならば1本のローソク足が1日の四本値を示し、

5分足なら1本のローソク足が5分間 の四本値を示す。

トレードで使う足はその人の取引期間によります。

 

簡単に説明しますと短期売買(スキャルピング)を好むトレーダーは1分足や5分足を、長期売買(スイ ング)を好むトレーダーは4時間足や日足を使います。

おすすめの記事