【FXトレーダへの道】FXで億稼いでる人が使ってる仕組みFXIQ10

EIKICHI
FXで億を稼ぐ仕組み

 

 

単利と複利

FXで億を稼具にはこの仕組みを理解しましょう!

まず投資には大きくわけて二つ運用の仕方があります。

 

FXで億万長者になるにはこの「複利」で資金を運用していきます。

それでは「単利」と「複利」とはどー言ったものか調べていきましょう。

 

単利とは

単利の場合は毎月の運用益は貯金したり、

生活費に使ってしまい、再投資には回しません。

 

例えば資金100万円を月利10%で運用していれば、

毎月10万円だけが利益にな ります。

 

何年経っても毎月10万円の利益です。

複利とは

 

複利の場合は得た利益を再投資に回していきます。

例えば、毎月月利が上記と同じ10%の場合

 

資金100万円で開始して1ヶ月目の利益が10万円でます。

 

ここまでは単利と一緒ですね。

そしてここからが複利と単利の違うところで

2ヶ月目はもともとの元本である100万円に

更に1っヶ月目の利益の10万円を足した

110万円で運用していきます。

 

すると2ヶ月目の利益は110万円の10%で11万円の利益がでます。

3ヶ月目には110万円に11万円を足して、121万円が元本となります。

よって3ヶ月目の利益は121万円の10%で12.1万円になります。

 

複利の場合は毎月利益が大きくなっていますよね。

最初、利益の増え幅は小さいですが時間をかけると

利益がめちゃくちゃ大きくなっていきます。

 

複利の力

 

複利の力は偉大です。

かの有名なアインシュタインも

「宇宙で最も強い力は、複利である。」

という言葉を残しているほどです。

 

例えば、月利10%の場合 元本に毎月1.1をかけていくことになります。

同じ数字をずっとかけていく、

つまり~の○乗という計算をしていくことになります。

この累乗の計算によって、資金は爆発的に増えていきます。

具体的にどのくらいのスピードで増えていくのか見てみましょう。

まずこの金額を見てください。

例えば、資金は100万円で開始し、

毎月月利10%出した場合の資金の増え方は

(わかりやすくするため税金は加味していません)

1ヶ月後 110万円 (100万×1.1)

2ヶ月後 121万円 (110万×1.1)

3ヶ月後 133万円 (121万×1.1)

1年後 313万円 (100万×1.1の12乗)

2年後 984万円 (100万×1.1の24乗)

3年後 3091万円 (100万×1.1の36乗)

4年後 9701万円 (100万×1.1の48乗)

5年後 3億448万円 (100万×1.1の60乗)

 

見てお分かりの通り、3年目くらいから増え方がかなり急激になっていますよね。

元手が小さくても、複利の力を使えば億という資産を作ることが可能なのです。

 

単利の場合利益は毎月10万円。

よって1年で120万、5年で600万円の利益です。

複利とは大きく差がありますよね。

 

これが複利の力と呼ばれるもので、

FXにかかわらず全ての投資で大切な考え方になります。

 

月利50%なんて出す必要はないのです。

複利の恩恵を受けるために必要なのは「大勝ち」ではなく

「小さくてもいいから安定的に利率を出すこと」です。

 

FXにおいても「継続は力なり」という言葉が当てはまります。

 

FXIQ10

おすすめの記事